wordpressプラグインTinyMCE Advanced|ワードプレスのエディター強化プラグインTinyMCE Advancedの設定

WordPressプラグインTinyMCE Advanced使い方

ワードプレスの記事を書く作業やツールをエディターというが、そのエディター機能をアップするのがTinyMCE Advancedというプラグインだ。記事を書くのに何かと便利なので人気があるそうだ。

TinyMCE Advancedの設定

プラグイン>TinyMCE Advanced>設定>エディター設定>ブロックエディター (TinyMCE)
「クラシックエディタ用ツールバー」に表示されているボタンは機能している項目だ。「使用しないボタン」から使いたい機能のボタンを選んでドラッグすれば機能が増える。

エディター設定について

wordpressのエディターについて、2018年末頃からWordPress5.0はGutenbergというブロックエディターになったそうだ。そう言われると、何か変わったような気がしたが、まあ気にしない。それで、旧エディターを好む人もいるわけで、ブロックエディターと旧エディターがあるそうだ。お好みでどちらかを選べばいいが、旧エディターはサポートが終わるという情報もあるらしい。

他の設定に関してだが、今ひとつ理解不能でスッキリした説明が見つからない。というわけで、追々調べることにした。とりあえず、他の設定はデフォルトのままで使っているが特に問題は起きていない。
他の設定の説明については、そのうち追記するかも知れない。
つづく

wordpressエクスポート-インポート|wordpressバックアップ-データファイルのエクスポートとインポート

wordpress エクスポート インポート

wordpressのバージョンアップが時々あるが、その際にバックアップするように表示が出る。なぜバックアップが必要なのか?バージョンアップでwordpressのデータが壊れることもあるらしく、その対策のようだ。うちではそういう痛い目にあったことはないので、あまり緊張感を感じていないが、wordpressやプラグインのバージョンアップや設定を変える際には、万が一を考え事前にwordpressのデータをバックアップすることは必須だ。また、記事を追加した際などには日々のバックアップも大事だ。

wordpress バックアップするべきデータファイル

wordpressのデータはどこにあるか? wordpressのデータは、wordpressをアップロードしたフォルダの中と、サーバーのデータベースの中にある。

wordpressのフォルダ内に wp-content があり、その中にある3つのデータ( themes 、uploads 、plugins )をバックアップする。
wordpressのフォルダ>wp-content> themes 、uploads 、plugins
画像はuploadsに保存されている。

それから、データベースをバックアップする。データベースのデータは記事関連データだ。

合計4つのデータをバックアップする。

wordpress バックアップ方法 FTPでバックアップ

まず、3つのデータ( themes 、uploads 、plugins )をバックアップする方法。
3つのデータはここにある。
   ⬇
wordpressのフォルダ>wp-content> themes 、uploads 、plugins

細かい説明は省略するが、FTPを使って3つのデータをPC(パソコン)へダウンロードして保存しておく。サーバーの中にあるデータのコピーをPCにしまっておくわけだ。

wordpress バックアップ方法 エクスポート使用

ツール>エクスポート>すべてのコンテンツ>エクスポートファイルをダウンロード
これで記事関連データをバックアップする。記事関連データをダウンロードして、PCに保存してバックアップする。

すべてのコンテンツを選択すると、すべての投稿、固定ページ、コメント、カスタムフィールド、カテゴリー、タグ、ナビゲーションメニュー、カスタム投稿がダウンロードされる。

wordpress バックアップのインポート

エクスポートしたバックアップデータをインポートする。
ツール>インポート>wordpress インポーターの実行

こんな表示もあった。
WordPress は別のシステムの投稿やコメントをこのサイトにインポートできます。作業を始めるには下方からインポート元のシステムを選択してください。(他のブログからもインポートできるわけだ)

wordpressでバックアップ保存したエクスポートファイルをインポートするので、「wordpress インポーターの実行」を選んだ。これは、WordPress のエクスポートファイルから投稿、ページ、コメント、カスタムフィールド、カテゴリー、タグをインポートする。

wordpressのファイルが壊れると復元作業は面倒になるらしく、プラグインを使いバックアップするほうが簡単だ。

wordpress バックアップ プラグイン使用

wordpressのバックアップにプラグインを使う方法もある。
プラグインを使うメリットは、簡単で自動バックアップのスケジュールができるなど。
定番のプラグインがいくつかあるので参考にどうぞ。
 BackWPup
 UpdraftPlus WordPress Backup Plugin
 All-in-One WP Migration

うちではプラグインを使わずに、手仕事で地道にやっている。そのうちプラグインが必要になったら考えよう。

WordPressアイキャッチ画像|アイキャッチ画像は目立つのでアイキャッチなのだ

WordPressのアイキャッチ画像の説明

WordPressに限らないが、アイキャッチ画像とはブログ等のトップに表示される画像だ。一番目を引くからアイキャッチなのだ。英語では Featured Imageだ。

個人的な話だが、最近は検索するときに画像検索をよく使っている。なぜかと言うと、分かりやすいからだ。画像検索すると、画像がずらりと表示されるので、ひと目見てだいたいの内容が分かる。一目瞭然ってやつだ。検索結果が文字だけのときは、いちいち読まないと分からないのでイライラする。百聞は一見にしかずということだろう。

だから、画像や動画を使うほうがいい。当たり前だが、画像や動画の情報量は圧倒的に多いのだ。文字だけでなく、画像や動画を使って情報を伝えるようにしているが、手間がかかるのは難点だね。

そんなアイキャッチ画像だが、WordPressの説明文によると、かつては投稿サムネイルと呼ばれていたそうだ。

WordPressのアイキャッチ画像 フォーマット

アイキャッチ画像のフォーマット(拡張子)は何がよいか?
画像フォーマットはいろいろある。jpg png gif などある。
アイキャッチ画像はどれがよいか?
jpgかpngが一般的だが、個人的にはjpgを使っている。理由は無難だからだ。
フォーマットの特性は調べれば情報豊富なので、用途や状況により選択すればよい。選択のポイントは、ファイルサイズ、色数、透過など。

アイキャッチ画像のサイズ・ピクセル数

アイキャッチ画像のサイズ、大きさは何ピクセルが最適か?
画像のピクセルサイズはSNS絡みで何通りかあり、1200×630、1200×430、1080×720、1024×512、 470×246、 450×253、400×280などがある。というわけで最適がどれとは言えない。大は小を兼ねるで、1200×630ピクセルにしている。

代替テキスト

代替テキストには、画像の説明を入れる。 代替テキストはalt属性のことで、画像表示の替わりになるテキスト情報だ。 どんな画像か分かるような説明を入れる。キーワードを詰め込むのはSEOに逆効果なので止めたほうがいい。

タイトル

タイトル=ファイル名
画像の保存ファイル名なのでページには表示されない。特に変更する必要はないが、変更は自由だ。

キャプション

画像の説明で、画像の下に表示される。アイキャッチ画像では記入する必要はない。
アイキャッチ画像以外のコンテンツとして使う画像の場合、画像の下に(図1)のような表示を出す場合に使う方法もある。

説明

自分用のメモ、アイキャッチ画像の説明だ。コンテンツとして表示されることはない。自由にどうぞ

メディア

メディア>ライブラリー>メディアライブラリ
ここにアイキャッチ画像が表示される。アップロードしたその他の画像も表示される。

画像の保存場所

アイキャッチ画像だけではないが、wordpressの記事に載せた画像はこのディレクトリに保存される。/wp-content/uploads/

wordpressパーマリンク設定|パーマリンクは記事のアドレスだから最初に決めた

wordpressのパーマリンク設定した

パーマリンク=パーマネントリンク(Permanent Link) は、ページのURLで、記事のアドレスのこと。個人的には、パーマリンクは分かりやすいほうがいいし、見やすいほうがいいので、そのように設定した。

パーマリンクは変更不可

パーマリンクは最初に決めたら変えないこと。パーマリンクはページのURLなので、URLが変更になるとマイナスの影響が出てしまう。何がマイナスかといえば、URLが変わると新ページと同じことになり、リンクが切れてしまったり、過去の実績が消滅してしまい、プラスになる事は殆ど無いだろう。

パーマリンクのベターな設定

wordpress>設定>パーマリンク設定 ここでパーマリンクを設定する。さて、どれがいいか?
 
個人の都合や状況により決めればいいが、一般的に好まれないのは、日本語を使うことや意味不明な数字のパーマリンクだろう。日本語は表示されると分かりやすいが、URLが暗号的な長文になりすぎる傾向で好ましくないようだ。

また、パーマリンクは将来的に変わらない設定がいい。例えばカテゴリーをパーマリンク設定に入れた場合、カテゴリー名を変えるとURLが変わってしまうリスクがある。
さらに、URLを見ればどんな内容か分かるほうがいいだろう。意味不明な数字や暗号っぽいものは、個人的に好きじゃない。


結局どんなパーマリンク設定がいいのか? 個人的には、見た目シンプルで記事の内容が分かりやすいほうが便利なので、記事名のスラッグだけを使った。スラッグというのは、日本語の英訳みたいなもんだ。例えば、「日本食」のスラッグを決めるときは「japanese-food」みたいにする。スラッグの決め方は自由だが、読んで分かりやすい英語がいいらしい。

Google Search Console|サーチコンソール(Search Console)使い方

Google Search Consoleの設定方法

Google Search Consoleにはメリットがある

Google Search Console とは、Google のサービスだ。
Google Search Console に登録すると何がいいのか?
Google のクローラーというソフトウェアが、登録サイトを巡回してサイトの情報をインデックスに登録して検索結果に使う仕組みだ。クローラーが巡回するクロール状況をGoogle Search Consoleで確認できる。つまり、Google がサイトをちゃんと認識して登録しているか確認できる。認識されないとGoogleの検索結果に表示されないかも。また、サイトの問題を検出するとおしえてくれる。Google Search Consoleにはそういうメリットがあるので、 Google Search Console に登録したほうがいい。

Google Search Console 設定作業

「Google アカウント」
まずGoogle アカウントに登録する。そうしたらGoogle Search Consoleにログインする。Google Search ConsoleはGoogle のサービスなので、まずGoogle のアカウントを登録しないと使えない。Google Search Consoleにログインしたら設定を始める。

「プロパティを追加する」
つぎにGoogle Search Console で、プロパティを追加する。プロパティとは、簡単に言うと特定な情報だ。この場合は、サイトのURL(アドレス)のこと。
「+プロバティを追加」をクリックすると登録できる。登録したいサイトのURLアドレスを登録する。
登録方法は2種類あった。「ドメイン登録」と「URLプレフィックス」だ。
ドメイン登録は複雑でうまくいかなかったので、URLプレフィックスにhttps://www.ebisu3.com/akiblo/ を登録した。
表示されたHTMファイルをダウンロードして、上記のディレクトリ/akiblo/にアップロードする。これでサイトの所有権を確認するらしい。確認がうまくいったので、 Google Search Console に https://www.ebisu3.com/akiblo/ が表示された。OK

その後、「検索パフォーマンスを改善できます」というメールがきた。サービスを最大限に活用し、Google 検索でのサイトの掲載順位を可能な限り引き上げるための方法らしいので、それを実施する。
「ウォエブサイトの全バージョンを追加する」 https、http、www あり、www なしを含め、サイトでサポートするすべての URL パターンの Search Console プロパティを追加した。

その他機能の設定は追々やるので、今日はここまで・・・
つづく





wordpressプラグインAll In One SEO Pack |ワードプレスのSEO強化プラグインAll In One SEO Pack の設定

WordPressプラグイン All In One SEO Pack

All In One SEO Pack は、ワードプレスのプラグインとして定番だそうで、SEOしやすくなる便利なプラグインらしいのでインストールした。機能豊富な有料のPro版もあるそうだが、無料版で使うことにした。たぶん無料で十分だろう。
さて、 All In One SEO Pack の使い方はどうなの?  All In One SEO Pack の設定をしなくてはいけない。その設定作業の記録だ。 この設定はうち当方の都合で決めた設定なので、参考程度にどうぞ。2020/05/14

All In One SEO Pack の設定項目


All In One SEO Pack プラグイン 一般設定

 「カノニカルURL」 チェックした。
カノニカル(canonical)とは正規化ということだが、どんな時に使うかというと、同じ内容のページがいくつかある場合に使う。同じ内容とは、例えば商品の色違いが何ページかあるような場合だ。同じ内容ならどれか一つを正式ページにすればいいわけだ。なぜかというと、正式ページを宣言しておくといいことがある。SEO的に有利になるらしい。同じページがいろいろあるけど、正式ページはこっちだよと設定しておく。そういう場合の使い方だ。

 「Canonical URL をページ送りしない」 チェックしない。
は? 説明を読んだが意味不明な、、、
ページネイションの場合に役立つようだ。ページネイションというのは、例えば1ページを3ページに分割して載せることだ。そういう場合、最初の1ページのURLだけを正規ページにしておけば良いわけで、2ページ、3ページは正規ページじゃないということにする。 Canonical URL をページ送りしない をチェックすると、そういうことになるようだ。

 「デフォルトのタイトルを利用する」 無効にした。
All in One SEO Pack がタイトルタグを書く時、他のプラグインやテーマが邪魔をする場合があるそうで、そのときに有効にするとよいらしい。今は無効にしておく。

 「重要なイベントを保存する」 チェックしない。
All In One SEO Packに関するログファイルを保存する必要がある人もいるらしいが、私は必要ないのでチェックしない。


All In One SEO Pack プラグイン ホームページ設定

 「ホームタイトル」
検索結果に出るタイトルだ。記入しなければ、wordpressの設定>サイトのタイトル が表示されるので、特に記入しなくてもよいらしい。記入するとこちらが優先されるようだ。

 「ホームのディスクリプション」
検索結果で、タイトルの下に出る文なので、サイトやブログの内容が分かるようにアピールして書くとよい。

 「固定フロントページを代用」
固定ページをフロントページとして使う時は有効にする。

まず固定ページとは? その前に、wordpressには投稿ページと固定ページがある。

投稿ページは、ブログで見るページで、カテゴリに表示されたり、タグ、日付にも表示される。日々の日記や記事を投稿ページに載せれば、カテゴリやタグ等で分類できるので自由度があり探しやすい。

固定ページは、カテゴリやタグとは無関係で、トップページからリンクしないと表示できない。そんなかんじで融通がきかない。だから固定なんだろう。しかし、会社概要ページやお問合せページなどには適している。親ページ子ページが設定できるので、企業紹介>会社概要>役員紹介といった使い方には適している。

フロントページとは、ホームページのことか? どこかに定義があるの?
wordpressの設定>表示設定>ホームページの表示、というのがあるが、ここを見るとホームページをどれにするか設定できる。最新の投稿をホームページにしたり、固定ページをホームページにできる。


タイトル設定

特に変更する必要がないと判断して、そのまま変更していない。
例えば、各ページのソースに<title>が表示されるが、%post_title% | %blog_title%の場合、投稿記事のタイトル|ブログのタイトル(ホームページのタイトル)が表示される。


コンテンツタイプ設定

 「SEOを行うコンテンツタイプのみ」
デフォルトは投稿と固定ページがチェックになっている。そのままでよい
が、メディア・添付ファイルにもチェックして%post_title%を設定しておいた。特に意味無しだが、気になることがあり使えそうなのでチェックした。


表示設定

 「 カスタム投稿タイプでカラムラベルを表示する 」
デフォルトは投稿と固定ページがチェックされている。ついでにメディア・添付ファイルにもチェックした。


ウェブマスター認証

 「Google Search Console」
Google Search Consoleというのは、Google 検索に表示される為に必要なので、詳しくはGoogle Search Consoleをどうぞ。簡単な説明はこちら→(Google Search Consokeについての概略説明

ここに確認コードを入力して、Google Search Console でサイトを確認するようにと書いてある。 意味不明だ、、、仕方ないので英語の説明を見たほうがいい。
ここで何をしたいのかと言うと、サイトやブログの所有物かどうかを確認する。自分が所有していたり管理している事をGoogle に認識させるのだ。

Google Search Console>設定>所有権の確認>HTMLタグに次のようなタグが出てくる。
meta name=”google-site-verification” content=”I-v・・・uNM8NSjq81N0ilJPaw”
この中の I-v・・・uNM8NSjq81N0ilJPaw をコピーして以下に貼り付ける。
ウェブマスター認証>Google Search Console に貼り付け書き込む。

そうしたら、Google Search Consoleで確認すると、所有権が確認されて設定が完了する。

やることは単純だが、訳がわからないとややこしい作業だ。


Google Search Console とは、Google のサービスだ。
何がいいのか?Google のクローラーというソフトウェアが登録サイトを巡回してサイトの情報をインデックスに登録して検索結果に使うわけだが、クローラーが巡回するクロール状況を確認できる。つまり、Google がサイトを認識して登録しているか確認できる。認識されないと検索結果に表示されないかも。また、サイトの問題を検出するとおしえてくれる。そういうメリットがあるので、 Google Search Console に登録したほうがいい。

Google Search Console の他に、 Bing Webmaster Tools などがある。今はここで中断しておく。


Google アナリティクス

 「 Google アナリティクス ID」を入れる。
Google アナリティクス は、アクセス解析ツールだ。アクセス解析とは、来訪者がいつどこからどのページに来たかなどが分かる仕組みだ。


Schema Settings

 「 Schema.org マークアップを使用 」
デフォルトのまま、チェックにした。
「サイトリンクの検索ボックスを表示する 」


 NOINDEX 設定

NOINDEXとは、Google にインデックスしない設定だ。わざわざGoogle の検索結果に表示する必要がないページをNOINDEXにすれば、何かと良いそうだ。


「 NOINDEX をデフォルトにする 」チェックしない。
「 Default to NOFOLLOW 」チェックしない。
「カテゴリーに noindex を使用する 」チェックした。
「 日付別アーカイブに noindex を使用する 」チェックした。
「投稿者アーカイブに noindex を使う」チェックした。
その他はチェックしないことにした。
繰り返すと、noindexにしたのは、カテゴリーページと日付別アーカイブ、投稿者アーカイブだけにした。


詳細設定

 「ディスクリプションを自動作成する」チェックしない。
ディスクリプションは検索結果に表示される文なので重要だ。自動作成すると本文が使われるそうだが、必要ないのでチェックしない。
その他もデフォルトのままにした。


キーワード設定

「キーワードを使用する」デフォルトのまま、無効をチェックした。
最近はキーワードは重視されていないそうなので、無効にした。


不明点もあったので分かったら追記します。つづく